ゲーム・アニメなどの日記・雑記

ゆっさゆさなTOP絵に変更のお知らせとか短編らしきもの

どうも~
すずね†でございまーす!
来てくれてありがとうです!

りぬ~あるしましたです!
前回の沙耶.verと同じく
aqwizさんにTOPの絵をまたまた描いていただきました。
ありがとうございました。
デザインから全てaqwizさんのセンスですよ。

素敵でしょ?ゆっさゆさだよね?

aqwizさん絵が
可愛いと思ったら迷わず拍手おしてくれよなっ!

今回だけはスライディング土下座しちゃうよ!
みんな宜しくおねがいね♪

ということですんごく嬉しかったので
なにかおかえししないとですっ!
といってもボクにはなにもない・・・・

ですので、
せめてこのイラストに感謝を込めながらイメージ。
すこし短編らしきみたいのを書いてみました。(汗

こういうのは初めてなのでとても恥ずかしいのだけど
お暇な方はお付き合い頂けるとうれしいです。

恩を仇でかえしてしまったらごめんなさい><(ぉ

さぁ~ 黒歴史の開幕だっ はずかしい~///

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


遊佐√ のような感じで・・・



『 EPISODE.XX Only Once Smile 』
~title:aqwiz illust:aqwiz text:suzune†~

「わたしはいつも一人でした」

抑揚ないお決まりの声で記憶を辿る。

しかし俺が見る限り
華奢な彼女の背中には
寂しさの欠片を微塵も滲ませるような
雰囲気は感じ取れなかった。

なぜならここには
戦線のメンバーがいるのだから。

普段は自分から話を、
無駄話を始めることは見たことがない。
それでも、
彼らに打ち解け生き抜く術は心得ていた。

「自然に身についたしまったのでしょう」
「それは私としては不本意なのですが」

と彼女は淡々と小さな口を開く。

ここでは誰もが重い荷物を背負っている。
だから俺にはその一言二言で
彼女もまたその犠牲者の一人であると
十二分に思い知らされていた

「いや・・・」

この世界でこうしてあっている時点でそれは
理解していく?というよりも
存在と同時に認識すべき事象という方が正しかったのだろう。

だからこそ今の短い会話の意味すべてを
理解できるのかもしれない。
というよりもしなければならないんだ。

美しいブロンドを結ぶ
トレードマークの赤いリボンが
風のいたずらによって一瞬靡いた。

「不思議な感覚・・・」
「なぜでしょう?」

理由を発しようしたその刹那、
金色に輝きを放ちながら
やさしさを帯びた少し強めの風が
彼女の髪を舞いあげた。

何処からか答えを運んできたかのように
目の前で小さな渦を描き始めた。
その瞬間、
彼女の抱えていた大きな大きな荷物は
跡形もなくかき消されていった・・・

ような・・気がした・・・

振り向きざま彼女はこう言い直した。

「そろそろいきますね」

と彼女はそう告げながら
かすかにこちらを振り向いた。

これが最後になるであろう
彼女の顔は、今まで見せたことのない微笑みと
薄紅色に染められた頬がとても印象的だった。

20101209_fakemirrorplus_top_a.png

思わず声に出してしまった。

「遊佐、おまえ、笑えるようになったのか?」

しかし彼女はこう言い放つ。

「笑ってなんかいませんよ」
「きっと気のせいですよ音無さん」

彼女なりの精一杯の抵抗だと感じた。

自然に身に付いた人格というのは
一瞬で変えるのは容易ではない。
そして恥ずかしくもある。

だか、
この世界での終わりとは、それが現実だ。
確かに彼女は変わったのだ。

「俺は・・・」

可愛いと思った
美しいと思った
抱きしめたいと感じた

しかし、
その思いを包み込むかのように
彼女の新たな出発を
うれしく思うという気持ちに
全身が支配されたのは
紛れもない事実だった。

ともに長い時間すごし、戦った
戦線メンバーであり仲間だったということが
強く、深く、胸に刻まれていたからだろう。

彼女の面影を記憶に
留めようとしてしまった。
無駄な努力だったのだろうか・・

目が乾き、たまらず瞬きをした

彼女の姿はもうそこにはなかった



「さぁ~てとっ・・・」 

くるりと踵を返し
両手をあげ力強く歩き始めようとするが
心に穴のようなものが空いていた。
それを埋めるかのようにいっぱい空気を吸った。
一歩二歩と無理やり足を前に動かすものの
鉛のような重さを感じた。

「終わりであって始まりでもあっ・・・」
「こんな気持ちでは・・・」
「あいつも頑張ったのだから・・・」

「んっ?」

なにかの背中の方向で
カタッと物が何かと干渉するような音がした。

それでも振り向くことはしなかった。

きっと気のせいだろうと
心に言い聞かせた。

何か吹っ切れたかのように
次の目的へと進む足は
止まることはなかった。

「頑張れよな 遊佐。」

そう残し俺はその場をあとにする。



二人の思いを残した場所
数十メートル後方の何気ない道端
そこには いつも彼女が使っていた

「インカム」だけが残されていた。





つづきは次回予告と言い訳w です><


[ 2010/12/10 17:01 ] TOP絵について | TB(0) | CM(4)

TOP絵をつくってもらったよ♪

やっほーーーい!

TOP絵つくってもらいました~!

(o'д')ノ☆゚*。Congratu★lations。*゚☆ヽ('д'o)



相互リンクさせて頂いている St. Entwicklung Raum の管理人さん aqwizさんに描いて
もらったのですよぉ~。


実はこのブログ(ふぇいくみら~ぷらす。)をつくって最初にコメ頂いたのも
aqwizさんで相互お願いしたのもaqwizさんなのです!



そして今回のTOP絵もaqwizさん!!!




お世話になりっぱなしじゃん


なんとお礼をいったらよいのかよい言葉がみつかりません!


が・・・・


精一杯の感謝をこめて   せーの



おとといきやがれ こんちくしょーですぅ~

ごめん・・・お約束w



うれしくて感謝の気持ちがいいあらわせないんだ! 


かんりにんアホだからな・・・・ Σ(・ω・ノ)ノ えっーーーーっ!


そうなんですアホなんです・・・    っておい!wwwwww



あれ? 紹介ではなくなっている (((;゚д゚)))




それでは イラストの説明 

キャラについてとかお願いの経緯とか

沙耶さん 自分が大好きなもので・・・
やっぱり沙耶さんの 『謎の自虐パフォーマンス』 理樹君曰くですがwww
これを目標とし日々精進しブログ活動をおこなっていこう!ということで沙耶さんを
描いてもらおうと・・・ うん。

まずいつもイラストをブログで見せて頂いていて
aqwizさんのイラストこれが・・・・・・

萌える! イラストももちろんのこと全体のセンス←偉そうにごめんw
バランスがすきw 文字の付け方とか・・・ かわいすぎて・・・

毎回新しいイラストアップされるたび

ずぎゃーーーん です! 

やはり鍵っ子さんだけあって絵から愛!が伝わってくるのですよ。

aqwizさんの嫁? かなたんとはるちんのイラストは最強!



あとゲームのレビューとかイベントとかもお書きになられてるのよ♪

そんなこんなでですね~ お忙しい方なのでね
冗談半分というかダメもとでお願いしたところ
快く引き受けてくださって。
まさか相互様に描いていただけるなんて!


ゆめか?これは?


フォントとかどういう感じで~?

aqwizさんいいひとだーーーー いろいろ聞いてくださったのですよ!
でもでもですね~ すずね†

エクスタシーな感じで』 ってお願いしたwww Σ(・ω・ノ)ノ

すいませんこんなアホの言うこと付き合ってくれてですよ・・・全くw



ですのにですよ! すずね†のイメージ通りというか!バッチリ!
楽しそうな雰囲気を見事作って頂いたという感じで!





最後に~

まだまだたんまり言いたいこと残っていそうな気がするのですが・・・
自分もこの絵に負けないくらいの謎の自虐パフォマーとして記事が
書ければよいなと!がんばらなくては・・・・・・ですね♪





もっとイラストを見たい方はこっちだよぉ~


萌死んでもすずね†は責任とりませんからぁ~ね♪


aqwizさんのblog
St. Entwicklung Raum


あとaqwizさんのHP

びーえすぱんけーきもよろしくね~


それでは、皆様 いろいろと宜しくお願いしま~す。
[ 2009/11/17 00:25 ] TOP絵について | TB(0) | CM(9)
†Comment T.B.†
 
 
†List†
†おうえんちゅー†
景の海のアペイリア

†ゲーム†



■ランキング参加中☆

くる天 人気ブログランキング

PINGOO!カテゴリアニメ・漫画

人気ブログランキングへ

投票☆

投票☆

blogram投票ボタン



アクセスカウンター